ニュース

ニュース一覧

アーカイブ

2月のご挨拶

2020_02_03

2020年、長かったような、短かったような1月が終わり、2月になりました。

オリンピックイヤー、閏年、今年の2月は、29日あります。選手にとってのこの1日は大きな意味があると思います。

観客にとっては、オリンピックが日本で開催されますので、オリンピックをより親近感を抱いているのではないでしょうか。

そんな折り、現在、世界的に新型コロナウイルスが猛威を振るっています。

早々に収束に向かって欲しいと祈るばかりです。

と、少し、人ごとのようにコメントしましたが・・・

仙台で感染者が報告されれば、一気に、緊張の糸が張り詰めるはずです。

現在は、こうした平穏な雰囲気であることに安堵しています。

一方で、多くの方が命を落としています。ご冥福を祈ります。

とにかく、感染の拡大を押さえ込み、ワクチンが開発されるなど、祈ります。

 

これに関連して、現在の人類は、「経済」という言葉に踊らされている感が否めません。新型インフルエンザにより経済環境が悪化することを危惧しています。

確かに生計を維持するために経済環境は切り離せない物事ですが、そんなリスクがあるから利益を蓄積し内部留保を高めている訳で、使いもしない現金を使うべき時に使うことに否定的に考えるのは道化師のように映ります。

 

世界では、日本国内を含め異常気象による天災が発生しています。私にはとてもとても天災には思えません。人類が引き起こした人災もしくは地球規模の自然の摂理ではないかと考えます。

地球温暖化対策でCO2を削減し、オゾンホールを小さくするようなことを提唱しています。

本当でしょうか。

世界の人口は、国連の推定値で、次のようになっています。

約100年前 1927年 20億人

1987年 50億人

2015年 73億人

人類を自虐的に考察する情報は殆ど露出されませんが、そろそろ限界ですよ、と地球がメッセージを送っているのではないでしょうか。

CO2削減よりも、O2(酸素)生成が命題にならなければと・・・

アマゾンの森林火災や伐採、オーストラリアの森林火災・・・・

先日、アフリカでバッタが大量発生したという報道。しばらくするとバッタは自然淘汰され、収束します。

「人類はウイルスによって滅ぶ」これが現実のものにならないことを祈り、無事に日本でオリンピックが開催されることも祈ります。

2020年2月吉日

株式会社REI

代表取締役 今中 剛